新年度の初授業〜ゼミ旅行。

美学校 超・日本画ゼミ、受講2年目となる香久山 雨です。

5月20日より、超・日本画ゼミは新たに3名の受講生を迎え、第7期のスタートをきりました。

初日は、おのおの自己紹介をしながら、ゼミで何を学びたいかディスカッション。

f:id:chyounihonnga:20180528095132j:image(黒板には、さまざなキーワードが並びます。)

その後は、徒歩圏内にある国立近代美術館で横山大観展を鑑賞。

想像を絶する人の多さに、わたしは早めにドロップアウトしてしまいましたが、横山大観を始めてみる受講生もおり、新鮮な気持ちで向き合えた人も多かったようです。

f:id:chyounihonnga:20180528095316j:image

そして、翌週には新歓合宿として、北関東へ。

まず、ゼミ講師の一人である小金沢先生の職場である、太田市美術館図書館へ行きました。

f:id:chyounihonnga:20180528095441j:image

こじんまりとしつつも、とてもお洒落で開放感のある素敵な空間。建築で賞もとられているそうです。

f:id:chyounihonnga:20180528095527j:image

(屋上には綺麗な芝生も。気持ちよくて寝転がりました。)

f:id:chyounihonnga:20180528095613j:image

小金沢先生のギャラリートークをききながら、作品鑑賞。さまざまな「日本画」が並び、その多様さから日本の絵画が背負ってきた歴史を思います。

 

そして翌日は、足利へ移動。

 

まずは足利市美術館へ、真島直子さんの個展を見に行きました。内側から湧き上がるような壮大な世界観がとても独特で、考えさせられるものが多い展示。わたしは図録も購入してしまいました。(普段あまり買わないのですが。)

f:id:chyounihonnga:20180528135925j:image

ふたたび移動。足利市内をウロウロします。

f:id:chyounihonnga:20180528100035j:image

あしかがアートクロスという、古民家や空き店舗を利用した展示が行われていて、その中の一つである「古民家に棲む」という展覧会にお邪魔しました。

ホワイトキューブの美術館でみる展示とは大きく異なり、古民家の持つ壁の風合いなどに合わせて絵を描かれている作家さんがいたりと、作品と場が相互に溶け合うような展示。

2日間で対照的な展示がみられたのは、とても刺激になりました。

 

ほかにも、鑁阿寺へ行ったり、足利学校へ行ったり、濃厚な旅となりました!

(写真は足利学校。)

f:id:chyounihonnga:20180528100851j:image

f:id:chyounihonnga:20180528100756j:image

f:id:chyounihonnga:20180528100814j:image

新受講生と先生がたの親交も深まり、今後の展開が楽しみな超・日本画ゼミです。

———

美学校 超・日本画ゼミHP

絵画講座「超・日本画ゼミ(実践と探求)」講師:間島秀徳 | 美学校