【作家紹介】今岡 瑞奈

 

 

今岡 瑞奈  Mizuna IMAOKA 

f:id:chyounihonnga:20180509152654j:image

画像作品:「春の花」 コケシ、アクリル絵具 2018

2017 年に富士の樹海を初めて生で見て、激しい心の動きを感じ、その後その時感じた気持ちを探るように日常の中で木の根や幹を意識して見ることを始めました。足元に、窓辺に、植え込みにたくさんの木の根や、幹が無邪気に先を伸ばしています。
無邪気というのは、きれいだし、かっこいい。
私自身、何かと接する際、本質的な部分を見たいという欲求があり、人間の本来生まれた姿がヌードへの繋がりだったり、子供が感じたままに話す言葉や嘘のない笑顔だったり。そのような物事の本来の性質や姿を見たり感じたりすることで心の充実感を得られます。樹海の木の根の自由さを見た時の感覚はきっとこれに近いものなのだと思います。 
それが、自分が作品を作る際でもこう見られたいという、いわゆるかっこつける意識は捨て、自身が裸になる気持ちで作りたいと思っています。
何故なら、有りのまま曝け出すこと、溢れる思いが良いものを生み出す原動力になるのを信じているからです。
今回の展示作品もその気持ちで制作に臨みました。
一見、絵、コケシ、写真と別々の人物が作ったようにも見えると思いますが( 笑)作っていく上での気持ちは一貫しています。

モーレツシロウト展を通し、ご観覧者様方に受け入れていただけるかは未知ですが、何かを感じていただけたら幸いです。

最後に、人と違うことの魅力を教えて下さいました美学校の先生方、ゼミの生徒の方々に感謝いたします。

---

1993 島根県生まれ

2014 美容専門学校卒業後、東京のサロンに入社

1 年半で退社し、その後はカフェでアルバイトをしながら、絵を描き始める

2017 美学校 超・日本画ゼミ 入学

---

美学校 超・日本画ゼミ モーレツシロウト」HP↓

https://www.mouretsushirouto.wixsite.com/

会場 御茶ノ水ソラシティB1F「Gallery蔵」「KS46Wall 」〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-6

会期 2018年5月7日(月)〜5月13日(日)
時間 平日12:00〜19:00 土日11:30〜18:00(初日15:00から、最終日16:00まで)

f:id:chyounihonnga:20180509154220j:image